今だからこそ住みたい!プレハブ住宅



プレハブ住宅と言うと、こんなイメージしかありませんでしたが、

今はいろいろな種類が出てきて、見た目もほとんど普通の家と変わらないものや、2階建てのきれいな住居まであるようです。

プレハブ住宅とは

プレハブ住宅と言うと、仮設住居とか簡易式事務所のような一時的なものと言うイメージが強いですが、きれいで耐久性の高いものがいろいろ出てきたために、一般住居としての利用で注目されているそうです。

プレハブ住宅の種類

プレハブ住宅として括っていいのか、全く別物とした方がいいのかわかりませんが、今はこの4つに分類できるとか

プレハブの基礎知識

プレハブ住宅とユニットハウスの違い

ユニットハウスは、内装も含めて工場でほとんど作りこまれているらしく、工期が1~2日と圧倒的に短いとか、移設も楽とか、耐久性に優れているとかの利点があるようです。

今だからこそ住みたい!プレハブ住宅

子供たちが巣立って夫婦だけになったので、小さな家が欲しくなったとか、家が老朽化したので、耐震性の強い家に住みたいとか、田舎に移住したいとかで、プレハブ住宅を選択する人が増えているそうです。
「移設が楽で、耐久性に優れている」と言うことは、好きな場所へ移住したり、1つの土地に縛られずに賃貸化したりが、気軽にできると言うこと。家ごと引っ越す時代が来たと言うことか。

ユニットハウスの移動料金はどれくらい?

標準的なユニットハウスとは1階建てのものでしょうか。東京から北海道に移動する料金は、平均10万円前後のようです。思ったより安い。

自分でも組み立てられるプレハブ住宅

プレハブ住宅は、基礎工事をしっかりしないといけないし、クレーン車がないといけないとか、やっぱり業者さんにやってもらわないとできないわけですが、クレーン車を使わなくてもできるものも販売されています。

プレハブじゃないけど、最近流行ってるらしいタイニーハウス

リーマンショック後、アメリカでは、小さな家に住むことが流行り始めたらしく、それが世界中に拡がっているとかいないとか。リーマンショックでは、私も大いに迷惑を被りましたが、アメリカ人にとっての教訓的な何かを残したのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。