コンテナ ハウスは皆を満足させられるか?



建築家のショーン・バーク氏は数年前、シアトルの工業地域であるソードー (SoDo) 地区でコンサルタントとして働いていた際に、あるひらめきを得た。

 窓から積み重ねられた輸送コンテナを眺めては、小さな居住空間について考えていた彼は、ふとひらめきを得て、独りになれる時間を過ごすコンテナ ハウスのプランニングとデザインをスタートさせた。もちろんコンテナ ハウス自体は新しいものではないが、その既成概念の枠を自身のデザインで超えようと決意したのだ。

shipping-container home Bento Box project Sean Burke Unboxed House
Bento Box プロジェクトのドローイング [提供: Sean Burke and Unboxed House]

「これまで目にしたものは、どれも多数のコンテナを積み上げただけのものでした。確かにコンテナは、そういう目的で作られたものですからね」と、バーク氏。「コンテナを意図的に切り刻むことで光を取り込み、天井の一部を持ち上げて、よりオープンな雰囲気を生み出したいと考えたのです」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。