150万円の手作りハウスが北欧で流行る一つの理由。資材は郵送→自分で組み立て



たった2日でできる家

スウェーデンの建築家・デザイナーの Jonas Wagell氏は、たったの2日で建てることができるモダンプレハブミニハウスを創り、実際に住んでいます。

北欧では5年ほど前からモジュール式プレハブ住宅が人気だそうです。

資材は郵送で届き、自分で組み立てる。

いわば”IKEA式”とでも言ったほうが伝わりやすいでしょうか。

3Dプリンターの普及で郵送すらも今後なくなっていくのでしょうか。

Mini Houseと名付けられたこの家もモジュール式の小さな別荘です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。