DIYの基礎工事、法律的にはどうなってる?



このページでは、建物基礎と法律の関係について書いてみます。主に次の2点についてです。

  1. 簡単に作れそうな「独立基礎」は法律的にどうなんだろう?
  2. 建築基準法では基礎の構造はどう決められているんだろう?

  ・・ということです。

家にしろ物置にしろ、素人が建物を自分でつくろうと考えたときにやっかいなのが、最初に基礎工事があるということでしょうか。

重労働で、大変な思いをしそうなイメージの基礎工事は出来れば避けて通りたい・・・
それに基礎は建物では一番重要な部分で、失敗したらやり直せない。

  • 重くて硬いコンクリートの塊を、ラインを間違えてつくってしまったら・・・
  • コンクリートを流し込んでいるときに型枠が壊れて流れ出したら・・・
  • 作ってみたはいいけど水平にならず凸凹してしまったら・・・・

はじめてやることなので不安が尽きない。(-_-;)

それに、やっぱり基礎工事は特に体力が要りますから・・・

実際、私の家づくりの工程を思い返してみても基礎工事だけは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。